2010年03月07日

妊婦になるための本 1400円

私は10代の頃から無排卵と言われ、生理も3ヶ月に1回来るか、来なければ産婦人科に行って、薬を飲んで生理を来させる処置をするような体質です。

なので妊娠できるのか?というのが大きな不安。

・・・ということで、本屋さんで平積みされていた本を買ってしまいました。
↓↓↓
「35歳からの栄養セラピー 「妊娠体質」に変わる食べ方があった!」



まだ35歳前だけど、栄養を意識した食事というのは大事なんじゃないかと思って。

読んだ感想は、満足度、60%の本でした。

難しのであろう栄養の理論を知ることができました。これまでの人生で聞きかじるか雑誌の特集なんかをパラ見した程度でしかなかった栄養の「これが良い、悪い」をきちんと学習したような気分です。

不満度の40%の理由は2つあります。

1つは、本のタイトルが
「・・・「妊娠体質」に変わる食べ方があった!」なのに
その食べ方の話しが後ろの方まで読み勧めないと出てこなかったこと。

もう1つは
その食べ方の具体例が少なかったこと。


「やっと本題が出てきたと思ったらこれだけ〜?」


という感想でしょうか。
でも、この本は妊娠したいと思っている人にはおススメです。
この本は、「栄養の基礎知識が分かりやすく書いてある教本」だと思えば、妊娠したあとも無駄にならない一冊のように思います。

私の満足度が伸びなかったのは、この本に「食事療法」を求めていたからかもしれません。
そんな「料理の実践編」はこの本で栄養の基礎知識を知っておきさえすれば、家にあるレシピ本の料理が妊娠体質に変わる料理になるのかもしれないなぁと思いました。

これから何度も読み返していくと、満足度が上がっていくような気がしています。





posted by かずは at 19:40| Comment(0) | * 妊娠前の出費記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。