2010年03月08日

妊娠検査薬(2本入) 約1000円

妊娠検査薬を買いました。
近くの薬局で約1000円でした。
↓↓↓
妊娠検査薬.jpg

製造販売元は
株式会社ミズホメディーというところでした。

妊娠検査薬のメーカーにこだわっているのは日本国産であることくらい。
あとは2回分入っていて、安ければ私はOKです(^_^;)

2回分あるとやり方を失敗したり、もう1回確かめたい時のことを考えなくていいですよね。

かといって、2本以上妊娠検査薬が入っているのもちょっと。。。
妊娠検査薬には使用期限があるのでまとめ買いはしません。


2本入りの妊娠検査薬を探せなかったのでとりあえず



結婚前も生理が不順だったから、避妊しているのに「妊娠したんじゃ?!」と検査薬を買っていたときもありましたね。。。
今思うと基礎体温も測っていたのに何で妊娠の心配をしていたんだろう。。。



posted by かずは at 21:08| Comment(0) | * 妊娠前の出費記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

子宮がん検診 500円

去年の話になりますが、子宮がん検診を受けました。
500円だったのは市が助成している健康診査だったから。

子宮がん検診の対象者は、私の住んでいる市では、

「市内在住の20歳以上の女性で、職場等で検診を受ける機会のない方」

でした。

この500円は子宮がんの検診費用だけで、産婦人科の診察代やら処置代やらの費用が別に発生していました。

この日行った産婦人科は、転居後初めて行った病院だったので初診料がかかり、

そしてこの日は、旅行前にピルを飲みたいと思って行ったので薬の処方代なんかもかかっています。

なので、この日の産婦人科で支払った病院費用は

 (市)がん検診        500円 
 初診代とピル処方代などで 3,410円

合計3,910円の領収書でした。
ちなみに調剤薬局でもらったピル代は550円でした。

妊娠前のかかった費用としてがん検診を計上したいけど保険点数が分かりません(-_-;)

とりあえず500円プラス1000円くらいで。

 初・再診料 270点
 投薬     68点
 処置     92点
 検査    705点

が、内訳です。
初診で子宮がん検診だけを受けた場合の金額が分かる詳しい方がいらっしゃいましたら教えてくださいm(__)m
出費の記録がよりリアルになりますm(__)m


話は脱線しますが、、、

産婦人科で「旅行前なのでピルが欲しい」と言っているわりに、持ってきた基礎体温表を見ると生理が3ヶ月来ていない。
過去の体温を見ると低体温だし出血があっているけど無排卵なのは明らか。

・・・ということで、ピルは処方するけど生理不順なんだから子宮がん検診も受けときなさい、みたいな流れで心の準備もないままに子宮がん検診を受けたのでした。

結果は全て正常。
生理不順の理由も今までの病院で説明を受けた内容と変わりなし。

ざっくり言うと私は、

「妊娠できないわけじゃないけど、他の人よりもチャンスが3分の1しかない」

ということだと理解しています。普通の人は毎月、妊娠しやすい時期が来るけど、私はホルモンの働きが原因で排卵が3ヶ月に1回くらいしかないという話のようです。

posted by かずは at 20:39| Comment(0) | * 妊娠前の出費記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妊婦になるための本 1400円

私は10代の頃から無排卵と言われ、生理も3ヶ月に1回来るか、来なければ産婦人科に行って、薬を飲んで生理を来させる処置をするような体質です。

なので妊娠できるのか?というのが大きな不安。

・・・ということで、本屋さんで平積みされていた本を買ってしまいました。
↓↓↓
「35歳からの栄養セラピー 「妊娠体質」に変わる食べ方があった!」



まだ35歳前だけど、栄養を意識した食事というのは大事なんじゃないかと思って。

読んだ感想は、満足度、60%の本でした。

難しのであろう栄養の理論を知ることができました。これまでの人生で聞きかじるか雑誌の特集なんかをパラ見した程度でしかなかった栄養の「これが良い、悪い」をきちんと学習したような気分です。

不満度の40%の理由は2つあります。

1つは、本のタイトルが
「・・・「妊娠体質」に変わる食べ方があった!」なのに
その食べ方の話しが後ろの方まで読み勧めないと出てこなかったこと。

もう1つは
その食べ方の具体例が少なかったこと。


「やっと本題が出てきたと思ったらこれだけ〜?」


という感想でしょうか。
でも、この本は妊娠したいと思っている人にはおススメです。
この本は、「栄養の基礎知識が分かりやすく書いてある教本」だと思えば、妊娠したあとも無駄にならない一冊のように思います。

私の満足度が伸びなかったのは、この本に「食事療法」を求めていたからかもしれません。
そんな「料理の実践編」はこの本で栄養の基礎知識を知っておきさえすれば、家にあるレシピ本の料理が妊娠体質に変わる料理になるのかもしれないなぁと思いました。

これから何度も読み返していくと、満足度が上がっていくような気がしています。





posted by かずは at 19:40| Comment(0) | * 妊娠前の出費記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。