2010年07月11日

他県への帰省 新幹線代往復3340円

妊娠・出産・子育てのリアルな出費を記録しているブログです。今は妊娠出産準備の出費で、今回は、自分の実家に帰る新幹線の話です。

自分の実家に帰省することにしました。
その時の新幹線代が3,340円。

正確には、在来線を使って帰省した場合と、
新幹線を使って帰省した場合の電車代の
往復の差額が、3,340円ということです。

妊娠していなかったときは在来線を使って安く帰っていたのですが、つわりが軽くなってきたとはいえ、ちょっとしんどいかなぁと思って新幹線にしました。

出費を抑えるために帰省を少なくするのも必要かもしれないけれど、今回は目的があるから必要な出費ということで。。。

ラベル:妊娠 出産

2010年07月08日

出産前にしておくこと 生命保険の見直し  860円

妊娠・出産・子育てのリアルな出費を記録しているブログです。今は妊娠出産準備の出費で、今回は、生命保険の見直しの話しです。

出産前にしておくこととして考えていたのが、
夫婦の生命保険の見直し。

私も旦那さんも独身時代に入った生命保険をそのまま継続していて、生活にあっていないんじゃないかと思ってはいました。
しかし、まだ若いし、二人だし、葬式代が出ればいいか。。。ぐらいにしか考えていなくて放置。。。

でも流石に子供ができると状況は変わりますね。
保険の保障内容もそうだけど、保険料も見直さないと、と思い無料相談できる保険屋さんに行きました。

私が行ったのは、家の近くの大型ショッピングセンター内にある、保険の募集代理店。

相談は無料で出費はゼロなんだけど、妊婦だから自転車を避けて公共機関で行ったので、その交通費として860円。

こういう保険募集代理店は複数の保険会社を紹介してくれるので「イイトコ取り」ができるんだそうです。

医療保険ならココ、がん保険ならココの保障内容が良いという感じで。

1つの保険会社でまとめて加入してしまうのも保障証や支払いの管理がラクでいいんでしょうがけど、厚い保障内容で、安い保険料で、と考えると選んだ保険会社が複数にわたったという結果になるのも仕方のないことかと。

とりあえず私の生命保険の見直しを相談しようと行ったのですが、旦那さんの加入している保険内容があまりに薄いことが分かり、「まずは旦那さんから見直さないと!」という結論になりました。
もうお腹に子供が入っているんだから、夫死亡時に葬式代しか出ない死亡保険はヤバいでしょうという話になりました。


ラベル:妊娠 出産

2010年07月02日

妊娠出産準備の出費 病院検診(20週目) 妊娠健診 8890円

妊娠・出産・子育てのリアルな出費を記録しているブログです。今は妊娠出産準備の出費です。

今回は病院健診20週目で8,890円でした。

前回は850円だったのにいきなり10倍!
驚きました。

病院の受付の話では20週目の健診は市の補助が出ないんだそうです。
もらった領収書を見てみると、次のように書いてありました。

 妊婦健診(負担割合10割)    3,550円
 自費検査・外来(負担割合10割) 3,670円
 血液検査(負担割合3割)     944円
 投薬-処方せん料-(負担割合3割) 206円
 調剤薬局での胃薬代(負担割合3割) 520円

合計で、8,890円です。
正直、あれがいくら分の検査や診療だったというのはよく分かっていません(-_-;)
処方せんと胃薬は、私が胃が痛い時があって、次の定期健診が1ヵ月後だから念のために欲しいとお願いして出してもらいました。

定期健診の補助というのはありがたいものだったんですね〜。
自費になると痛感しました。
しかし補助がでない回があるっていうのは初耳でした。
自治体によって違うものなんでしょうかね。。。



ラベル:妊娠 出産
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。